12 2月 2019
2019年2月12日

写真で巡るクチポールの町

ポルトガル北部にある「ブラガ」はクチポールの工場から最も近い町です。
工場までは車で30分ほどのこの町をご紹介します。
ポルトガルのブラガ

Wikipediaによるとポルトガル第三の都市圏とのことですが、日曜はのんびりした表情です。
日曜日のブラガ

 

レンガの建物が続くなか、突然カラフルな花壇が目に入りました。
カラフルな花壇

 

ブラガは「宗教の町」と言われるほど教会があります。
ブラガの教会

ブラガ大聖堂は12世紀から18世紀まで継ぎ接ぎするように建てられたそうで、
その時代時代の様式が反映された歴史的な建物です。
ブラガ大聖堂

コインプラス礼拝堂は1528年に建てられました。
現在はその隣に建てられた礼拝堂でお祈りをするそうです。
コインプラス礼拝堂

 

こちらは旧大司教館、現図書館の前の広場です。
旧大司教館、現図書館の前の広場

 

小さな街なので、あてもなく歩き回っていても後戻りできないほどの迷子にはなりません。

 

クチポール社員行きつけのレストラン
クチポール社員行きつけのレストランがここにあります。

 

夜の町の景色
夜の町の景色です。かっこいいですね。

 

さて、この町から自動車で30分、これが工場の外観です。
クチポールの工場

 

よく工場の周りはどんな風景なのかと聞かれますが、なんと表現すればいいのでしょう。
里山のような、町のような、山のような、、こんな感じです。
クチポール工場の周りの風景1
クチポール工場の周りの風景2
クチポール工場の周りの風景3

 

ブラガからクチポールの工場を挟んで反対側は自然豊かな山間で、大きな川が流れています。
クチポール工場の周り大きな川

この地域は昔からカトラリー作りが盛んな土地です。
かつては川の流れを利用する道具でカトラリーを作っていたとのこと。
この川の水もカトラリー作りに貢献していたかもしれません。