• クチポール日本正規代理店 - ポルトガルを代表するカトラリーブランド クチポール(CUTIPOL)の日本正規代理店サイト
  • ALICE新色登場
  • クチポールとサステナビリティ

今や世界的な人気ブランドに成長したクチポール。
しかし一夜にしてブランドが成り立ったわけではありません。

このコラムでは、同社を代表するモデル「GOA(ゴア)」の誕生にいたる歴史を紹介します。
「21世紀のカトラリーのスタンダード」と評されるGOA。
その誕生にはクチポールのデザイナー、ジュゼ・リベイロの挑戦が詰まっています。
ストーリーを知ることで、日々お使いのカトラリーへの愛着もより深まるに違いありません!

GOA

 

GOAが誕生する前の1990年代以前。
クチポールはデザイン以上に、「仕上げ(磨きなど)の精度」「技術力」で評価されたブランドでした。
ポルトガル北西部のギマランイス地方は17世紀からカトラリーの生産地でしたから、その生産背景や職人の技術力を活用し、ヨーロッパの正統派カトラリーを着々と形にするブランドだったようです。

下の画像は「FONTAINEBLEAU(フォンテーヌブロー)」というモデルです。
持ち手の装飾的な彫り込みがクラシカルな印象で、ヨーロッパの格式あるレストランなどで使われていそうなデザインです。

FONTAINEBLEAU

それまでも、先代アリス・マルケスを中心に新しいカトラリー作りに取り組んできたクチポールでしたが(たとえばポルトガル初の金めっきモデルなど)デザイン面で突出した個性を見せはじめるのはジュゼ・リベイロの入社以降です。

 

◆モダンでシームレスなフォーム

子どものころから美術が好きで、建築デザインに進みたかったというジュゼは、家業の工場を手伝いながら、お母さんのアリスに頼まれてカトラリーのデザインに取り組んでいました。

ジュゼは大学で建築を学んだあと、1994年にクチポールに加入。
先行するヨーロッパのカトラリーブランドのデザインを参照しつつ、「市場にないモデルを作ろう」と革新的なカトラリーの創造に取り組みはじめます。

MANHATTAN

上のカトラリーはジュゼの初期作で、「MANHATTAN(マンハッタン)」というモデルです。FONTAINEBLEAUに比べると装飾は控えめになり、フォルムもシームレスな流線形をとっています。

さらに2002年の「RONDO(ロンド)」になるとナイフの切り替えがなくなり、よりモダン、シンプルなデザインになっていることが分かります。また、その前年2001年の「VARIO(バリオ)」では、ジュゼの「モダン」「流線形」の解釈の別の方向性を見ることもできます。

RONDO

VARIO

このあと2003年に、今も人気のモデル「MOON(ムーン)」が登場します。

MOON

FONTAINEBLEAUなどに見られたヨーロッパ的な装飾がなくなり、フォルムは継ぎ目のないなめらかな曲線で構成されます。
たとえばナイフをMANHATTAN、RONDO、VARIOと見比べると、シームレスになっていく流れに加えて、MOONの持ち手に、手指にフィットするふくらみ・くびれが加わっているのがわかります。

人間工学(人間が最もむりなく道具を扱うための学問)に基づいた持ち手の曲線。
RONDO、VARIOでモダンに振りきったデザインに、人間の手の形を考えた自然なカーブが加わったのがMOON、と言えるかもしれません。

MOON持ち手

 

ここでクチポールの製造技術にも触れておきます。
MOONに見られる手に自然に馴染む繊細なカーブは、どの工場でも実現できるものではありません。
クチポールには、職人たちの熟練した技術に加え、製造工程を外注せず、自社で製造を完結できる体制がありました。
「製造フローや機械に合わせてデザインする」という制約がなく、必要であれば「そのデザインを実現するために機械を作る」のがクチポールです。クチポールのメーカーとしての実力や姿勢が、ジュゼの創造性の基盤をなし、のびのびと引き出したと言えるでしょう。

40年以上クチポールで働くカゼミーロさんのジュゼが紙に書きだしたアイディアを見ると、彼がどのような作品を作りたいか理解できる」という発言(詳細はこちら >からはデザイナーと職人の創発的な関係を見て取ることができます。

 

◆ステンレスと樹脂の組み合わせ

さて、フォルムの進化と並行して、クチポールではカトラリーをステンレスと樹脂で構成する試みも進んでいました。
二つの異素材の共生のための技術的な進歩と多くの実験の結果、温かみのある樹脂とクールなステンレスの組み合わせという際立ったデザインが生まれます。
2004年に発表された、ブランドを代表するモデル「GOA(ゴア)」です。

GOA

GOAはフォルム面ではMOONを踏襲したものになっており、そこに樹脂とステンレスの組み合わせという技術革新が投入されています。
つまりGOAは、MANHATTANからMOONへと続いてきたジュゼのデザイン的な挑戦とそれを実現するクチポールの製造力、そして樹脂とステンレスの組み合わせという技術革新の合流によって誕生したカトラリー、と言えそうです。

GOAは発表以降、国境を越えてトップレストランやホテルに採用されるだけでなく、各国のデザイン賞を受賞していきます。
日本の「グッドデザイン賞」はGOAを「クラフトマンシップとモダニティの融合」と表現し、「カトラリーの21世紀的スタンダードを感じさせる」と評価。
ドイツ、上海の見本市でも受賞する一方、雑誌「Vogue」がニューヨーク・メトロポリタン美術館の「MetGala」に選出するなど、各方面で注目を高めていきます。

 

クチポールはこうしてポルトガルの堅実なローカルブランドから、世界中で愛されるトップカトラリーブランドに成長していきました。
デザインの挑戦はその後も続き、2019年にはGOAのエレガントな進化系としてのMIO、2020年にはNAUを発表するなど、世界のカトラリーを牽引するメーカーとして新しい挑戦を続けています。

Cutipol shop

Cutipol shop

以上、クチポールの現デザイナーであるジュゼ・リベイロの初期作からGOA、MIO、NAUに至るまでのデザインの変遷をご紹介しました。

これからもぜひ、GOAをはじめとするクチポールのカトラリーをご愛用ください。

ABOUT Cutipol

クチポール社はポルトガルの閑静な町に工場をもつカトラリーブランドです。

「ポルトガル(PO)のカトラリー(CUT)」という意味を含んで名付けた「クチポール」は、
その名前の通り、ポルトガルを代表する世界的なブランドになりました。

洗練されたデザインは、全てインハウスデザイナーが手掛けています。
ポルトガルにおけるカトラリーの伝統を受け継ぎながらも、モダンな美しさと機能性を併せ持っています。

こだわりぬいたデザインを形にするために、時には製造工程で使用する機器さえも自社で考案しています。
機器の許す範囲でデザインをするのではなく、理想のデザインのために機器を作り直す。
これが、クチポール社の追及するオリジナリティの源なのです。

もちろん、仕上げまでの全ての工程を自社で行っています。
どの工程でも熟練した職人が一本一本手にとり、丁寧に作っていますので、
手仕事ならではの曲線や光沢をお楽しみいただけます。

どうぞすべてのシリーズをご覧になってください。
伝統的なデザインから現代的なデザインまで幅広い展開がございますので、
みなさまのお好みに合うものがきっと見つかるはずです。

クチポールが海外に自社店舗をオープンすることはございません。
日本では株式会社日曜社がご紹介いたします。

Cutipol MOVIE

クチポール社について、動画でもご紹介いたします。

Cutipol MEDIA

GISELe[ジゼル]2022年1月号

GISELe[ジゼル]
2022年1月号
『買ってよかった「ちょっといいもの」』

GLOW[グロウ] 2021年11月号

GLOW[グロウ]
2021年11月号
美しい黒のある生活

読売新聞 Styleプラス

読売新聞 Styleプラス
2021年9月20日発行
食卓の芸術 カトラリー

I'm home[アイムホーム]2021年6月号

I'm home[アイムホーム]
2021年6月号
FOR RICH 自然を感じさせるコーディネート

クチポール正規取扱店舗一覧
クチポール(cutipol) ゴア お箸 ホワイト
クチポールコラム
クチポール(cutipol) ゴア お箸 ブラック
クチポール公式インスタグラム
クチポール(cutipol) ゴア お箸 レッド
クチポール公式サイト

Cutipol(クチポール)の類似品について

クチポールの類似品に関するお問合わせが増えています。
現在確認できている類似品は、
 
1.GOAの樹脂の接続が荒く外れてしまう危険がある
2.ステンレス部分が重い
3. GOAのように見えるが全てステンレス製

 
といった特徴があるようですが、判定が難しいものもございます。
弊社では、本物/偽物の鑑定は行っておりません。
お客様には正規取扱店でご購入いただきますようお願いいたします。
 
なお、類似品、並行輸入品に関するトラブルにつきましては、
弊社では一切ご対応できませんのでご注意ください。

Cutipol(クチポール)製品の卸売について

全国の家庭用品・インテリア製品を中心に販売を
行う小売店さま向けに、Cutipol(クチポール)製品の
卸売りいたしております。
 
お取引のご希望や、仕入れにあたり気になる点がある店舗さまは、
Contactフォームより必要事項を全てご入力の上お問合わせ下さい。
※新規お取引に関しましては、
弊社の基準に従いご遠慮いただく場合もございますので、あらかじめご了承下さい。

※上記以外の個人のお客さまにおかれましては、
クチポール製品正規お取り扱い店舗へ直接お問合わせ下さい。